【南京事件(※南京大虐殺、南京虐殺)】

http://clvsstore.online: 例へば一八九九年及び一九〇七年の海牙平和会議の採択せる「陸戦の法規慣例に関する条約」は、軍隊の一部を構成すれども戦闘を本務とせざるもの、例へば経理部員、衛生部員、法務官、野戦郵便部員の如きものを非戦闘員と名付ける(付属書、陸戦条規第三条)然し一般の用語としての非戦闘員は、軍隊に編入せられざる人民の全体を指すものであって、国際法の著述も右の海牙の条約に拘らず此意味に非戦闘員の語を用ふる事が多い様である。

http://wearstorts.online: 本節に言ふ非戦闘員も亦同様である本章【第22~33項】では、いわゆる【南京事件(※南京大虐殺、南京虐殺)】における【非戦闘員(※南京の不幸な市民)の犠牲者数(※被害者数)】について再検証していますこの【非戦闘員の犠牲者数】については、【南京大虐殺】なるものが完全否定されている現在、何万人もの非戦闘員が殺害されたと認識している人は特定の奇人を除いて皆無の状況です。

http://awws.online: しかしながら、【人口20万人の南京市で30万人を殺せるはずはない】【事件期間中に南京市の人口はむしろ増えた】の様な【間違った認識】が一人歩きをしているのも事実です本章内で説明していますが、結論から言えば、【陥落時点(※1937年12月13日)の南京市人口は20万から25万人】で、いわゆる【南京事件の発生期間中(※1937年12月13日から1938年2月初めまで)】において、【南京市人口は減っていない】と解釈するのが正しいのです更に俘虜の人道的取扱も、捕獲軍の作戦上の絶対必要の前には之を犠牲にするの己むを得ざる場合あることも肯定すべきである。

http://lovtnew.online: 之を適切に説明したものはハレックの左の一節であろう。日く、。
Sign In or Register to comment.